キャットフードねこと暮らすねこの飼いかたねこ用品

《キャットフードの選び方》アメリカンショートヘアー編

犬に比べるとさほど体格差のない猫ですが、実はその種類によって特徴も様々。健康上のリスクも、それを補うために必要な栄養バランスも猫種によって異なります。それぞれの猫の違いを理解し、その子に合う食事を与えてあげることが、リスクを回避し、健康を維持するための大切な要素となります。ここでは、各猫種の特徴と食事のポイントをご紹介します。

アメリカンショートヘアの特徴

昔々、ヨーロッパからアメリカに移住した人々が、大切な荷物をネズミから守るために連れていったブリティッシュ ショートヘアーやヨーロピアン ショートヘアーが先祖だと考えられています。その身体はがっちりしていて筋肉質。でも性格は温厚でおおらか。頭が良くて好奇心旺盛なのも特徴です。

食事のポイント

元もと、ネズミなどを捕える役割を持っていたため、活発で運動量の多い猫です。室内飼育などで運動量が少なくなると太りやすくなるので注意が必要。食物繊維をバランスよく摂取し、適切なタンパク質量、そして脂肪分とカロリーを控えめにすることが大切です。

キャットフードの種類

キャットフードを選ぶ時、どのように選んでいますか?キャットフードには必要な栄養素がすべて配合された、食事の基本となる「総合栄養食(ドライ・ウェット)」と、「おやつ」、病気の治療を目的とした「療法食」「その他サプリメント」などの種類があります。

ドライの総合栄養食が基本

愛猫がよろこんで食べてくれるので、ついつい嗜好性の高いフード(ウェットタイプのものやおやつ)を与えてしまいがちですが、愛猫の健康のためにはしっかり栄養をとってもらうことがもっとも大事です。食事の基本となるのが「総合栄養食」ですが、ドライとウェットタイプがあります。ウェットタイプには肉や魚が含まれているものが多く、嗜好性の高いものが多いので猫は好みますが、水分も多いので必要な栄養を摂るには量が必要になりその分食費がかさんでしまいます。そこでおすすめなのが、ドライの総合栄養食の中でも高品質な「プレミアムフード」というジャンルのフードです。

プレミアフードとは?

プレミアムフードとは、キャットフードの中でも高品質な総合栄養食です。ペットの年齢や健康状態、ケアしたい部分などに応じた様々な種類が販売されているのがプレミアムフードの特徴です。ペットの健康状態により適切なフードを選ぶことで、愛猫と長い間一緒に過ごせることに繋がります。

おすすめのキャットフード

以上のことから、アメリカンショートヘアは消化によい(穀物が少ない)高たんぱく質なキャットフードがおすすめです。その中で、生活環境や年齢に合わせて適切なフードを選んであげましょう。

関連記事

愛猫と楽しい毎日を。9つのケアができるプレミアムフード「スマートハートゴールド」とは