ねこと暮らすねこの飼いかた

ねこのための、安心できるお部屋作り。

普段生活している部屋でも、ねこにとっては危険なものも。ねこと安心して暮らすために、注意しておきたいポイントをまとめました。

ねこのためのパーテーション。

ねこが入らないほうがいいスペースには、パーテーションを設置しておくと安心です。

キッチン(台所)

水のほかに、火や包丁などの刃物があるキッチンは、ねこにとって危険な場所です。

お風呂

水場が好きな猫もいますが、ためてあるお湯に転落することもあるので、なるべく避けましょう。

トイレ

お風呂同様、転落を防ぎます。

ベランダ

ねこは高いところが好きなので、ベランダがあるおうちはベランダも要注意。転落を防止します。

おすすめのアイテム

床はなるべくシンプルに。

ねこが誤って口に入れてしまったり、なめてしまう可能性があるので、床はいつも清潔に、シンプルに保つのがおすすめです。

洗剤やワックス

掃除で洗剤やワックスを床に使う方は、ねこがなめても大丈夫な素材のものを選ぶようにしましょう。

ポリ袋

シャカシャカと音が鳴るポリ袋やビニール紐は、ねこにとって大好きなおもちゃになってしまいがちですが、からまったりして窒息する恐れがあるので、床に置きっぱなしにせず片付けておきます。

コンセント(電源)

ねこはコンセントのコードを噛むことがあり、感電する危険性があるので、コンセントカバーなどで防止しておくと安心です。

おすすめのアイテム

その他の環境。

エアコン

エアコンの冷気が直接あたると、体温を下げてしまいます。風向きには注意しましょう。

アロマ

アロマや芳香剤は人にとってはリラックスできるアイテムですが、ねこは強い嗅覚を持っているので、好ましくありません。

観葉植物

ねこが口にすると毒性がある植物が多いので、できれば猫が生活するスペースには置かない方が良さそう。