自分と似た猫のぬいぐるみ、そっくりすぎて気に入らない?

自分にそっくりなぬいぐるみを

飼い主さんに買ってもらった猫のKurtさん。

自分に似ているからと言って、

お気に入りになんてことにはならずに

ずっとそのぬいぐるみのことが大嫌いだったそうです。

それから数ヶ月……、月日も経過したので

今はぬいぐるみが好きになっているかも?と

再びKurtさんの目の前に置いてみると!

以前は違ってぬいぐるみにハグ!

…いや、やっぱり大嫌い。

通路を塞ごうものなら

たたき倒してやっつけちゃうのです。

以前は飼い主さんにやきもちを焼いて

ぬいぐるみを嫌っているようでしたが

やっぱり飼い主さんの愛情は独り占めしたいのかも。

嫌いなものを好きになるのは難しいのでした。

出典:Abram Engle